学部紹介

学部紹介

地球環境科学部の紹介

立正大学地球環境科学部

GOOD DESIGN AWARD
熊谷キャンパスは「2011年度グッドデザイン賞」(Gマーク)を受賞しました。

地球や私たちを取り巻く環境は悪化の一途をたどっています。豊かで安全で安心して生活できるよう、この環境を保護し改善してゆくことは、今や全人類的かつ緊急の課題です。この課題に取り組むためには、環境問題の所在を明確に把握・認識し、その背景や原因を追究し、その上に立ってその改善・解決策を考えなければなりません。立正大学地球環境科学部は、現在、人類が直面しているさまざまな地球環境問題の改善や解決に資することのできる人材の育成を目的として、平成10年に開設されました。

一口に環境問題といっても、地球温暖化や酸性雨問題、あるいは地球規模での人口・食糧・資源問題などのように、その影響が全世界に及ぶものから、公害問題・ゴミ処理問題のように、その影響が比較的狭い範囲にとどまるものまで多種多様です。また問題発生の背景や原因あるいは発生のメカニズムはきわめて複雑多岐にわたっています。それらを正確に把握するためには、自然科学的側面と人文・社会科学的側面の双方からのアプローチと、情報の収集・分析のための技術的手法の習得が不可欠です。

そのため、立正大学地球環境科学部は、環境問題を主として自然科学的側面から把握・認識しようとする環境システム学科と、主として社会科学・人文科学的側面から把握・認識しようとする地理学科との2つの学科から構成されるユニークな文理融合型の学部になっています。学生諸君はどちらかの学科に所属し、それぞれの学科で専門的な知識・技術を学びますが、環境問題を総合的に学修するために、両学科共通の選択必修科目群を設けるとともに、一定の枠内で他学科の専門科目を履修できるようになっています。

両学科とも、セミナーやフィールドワークは少人数クラスで編成され、指導の徹底が図られています。さらに専門的な研究をめざす諸君には、それぞれの学科を基盤とする環境システム学専攻と地理空間システム学専攻の二つの大学院地球科学研究科が設置されています。また、将来、建築・建設あるいは地域開発などの方面で活躍したいと考える学生諸君には、測量士補資格の取得が可能なことも魅力の一つになっています。

地球環境に取り組む2つの視座・地理学と環境システム

立正大学地球環境科学部

「地球環境科学部」は「地理学科」と「環境システム学科」の二つの学科から成っています。 前者は「人間と自然の関わり、そしてその地域性を解明する」ことに、後者は「環境に関わる諸現象をシステムとしてとらえて解明する」ことに重点をおいて、その調査手法、研究方法などを学びます。

地理学
~人間と自然の関わり、そしてその地域性を究明する環境学~

地域を適切に記述し把握することによって、地域に住んでいる住民の環境を明らかにします。

地理学とは、地球上で見られるさまざまな事象を把握し、それら相互の関連を地域的・空間的な観点から明らかにする学問です。そのためには、自然から文化・社会に至るまでの諸事象を、多角的かつ総合的に学ぶことが必要です。

地理学科では、地域の人口や経済、交通などの構成要素を学ぶ「人文地理学」や、地形や気候、水文、植生といった「自然地理学」を縦糸として学びます。あわせて、特定地域における地域的性格を自然環境と人間生活との関係から総合的に研究する「地誌学」を横糸として学びます。こうした総合的な調査・分析によってそれぞれの地域の特性や問題点を理解し、解決方法や提案を見つけ出していきます。地理学科の特長として次の3つをあげることができます。

  • 1.人文社会系と自然系が融合

    観光、都市、まちづくり、教育、交通、農業、自然保護、環境問題など、幅広い分野を扱うのが地理学科の特長です。多彩な専門分野を研究する教員が、本当にやりたいことをサポートします。

  • 2.バラエティ豊かなフィールドワーク

    1年次では「地理基礎巡検」が35コース。2年次・3年次ではそれぞれ7?8つのテーマからコースを選べます。3年次は「地理学セミナーI・Ⅱ」と連動したフィールドワークが行われ、「海外フィールドワーク」で世界各国を訪れることもできます。

  • 3.伝統と歴史の地理学科では、1万人以上のOB・OGを輩出

    1928年に開設された文学部歴史地理科を前身とし、1947年にスタートした文学部地理学科を発展的に改組して設立した、歴史と伝統ある地球環境科学部地理学科は、収集された図書資料や地図資料など、貴重な地図コレクションを所蔵し、授業や研究に活用しています。

環境システム学
~諸現象の原因から結果に至るプロセスを明らかにする環境学~

自然現象とその環境に与える影響を、自然科学的な手法と情報科学的な手法を用いて明らかにする。
そのために必要な手法を学び、実際のフィールドに適用いたします。

環境システム学科では、自分の関心に応じて生物・地球コース、気象・水文コースのいずれかを選択することになっています。生物・地球コースでは生物圏・地圏・環境情報に関する知識の習得を、気象・水文コースでは気圏・水圏・環境情報に関する知識の習得をそれぞれ目的としています。

いずれのコースにおいても実践を重視した実験・実習と、現場から学び、それに応じた調査法を身につけるためのフィールドワークに大きなウェイトが置かれています。また,両コース共通の基幹分野である環境情報に関する知識の習得を目指し,高度な情報処理技術やデータ解析能力も身につけることができます。

  • 生物・地球コース

    動物・植物の生態や生物の多様性、地表環境を構成する地形や岩石など、生物圏・地圏の基本構成を理解するコースです。生物分類機能検定や自然再生士などの資格取得のために役立つ授業も学ぶことができます。

  • 気象・水文コース

    身近な大気現象や気候変動、水循環や水質汚染、様々な特徴を持つ地下水・湧水など、気圏・水圏に見られる諸現象を理解するコースです。気象予報士や環境計量士などの資格取得のために役立つ授業も学ぶことがで きます。

地球環境科学部・地理学科・環境システム学科の
入学者受け入れの方針

地球環境科学部入学者受け入れの方針

地球環境科学部では、学部の教育目的に共感した、以下のような者の入学を期待します。

  • 1.地球と地域の環境問題の解決を目指して意欲を持って学修に取り組むことができる者

  • 2.それぞれの分野における円滑な学習に必要な基礎的学力を備えた者、または大学において学部の教育目標を達成しうる資質を備えた者

[地理学科:DEPARTMENT OF GEOGRAPHY]人間の立場から見る地域と地域性の環境科学

求める人物像

地理学科では、学科の教育目的に共感した、以下のような者の入学を期待します。

  • 1.高等学校等これまでの学習過程において、自然地理学や人文地理学の諸分野を基軸とした地理を含む社会科科目、基礎的科目である国語、国際化社会に対応するために必要な外国語に関する高い能力・知識を有する者

  • 2.高等学校等における履修履歴にかかわらず、世界および日本における地域のさまざまな課題に対する解決能力や、地域の発展に貢献しうる資質を有する者

入学までに身に付けてほしい知識・能力等

あらかじめ当該教科に係る科目をよく勉強して、入学までに以下のような知識・能力等を身に付けておくことを望みます。

  • 1.国語

    自分の考えを的確に文章で表現するために必要な文章読解力と思考能力

  • 2.外国語

    海外の文献や資料から地理に関する情報を得たり、海外フィールドワークや短期留学の機会において英語で意思疎通したりするために必要な、基礎的な英文法や語彙力

  • 3.地理歴史

    地域の特性や歴史的展開などについて正しく理解し、地理学的な見方や考え方に基づいて地域調査を行うために必要な基本的な知識

  • 4.公民

    現代社会の動向などについて正しく理解し、地理学的な見方や考え方に基づいて地域調査を行うために必要な基本的な知識

  • 5.数学

    数理科学的素養を活かして地域の諸問題を解決するために必要な、関数や確率統計に関する基本的な考え方

注)
以上は、地理学科で教育を受けるにあたってあらかじめ身に付けておいてほしい主な知識・能力等を列挙したもので、出願資格・条件とは関係ありません。

[環境システム学科:DEPARTMENT OF ENVIRONMENT SYSTEMS]環境要素の「関連性」を「システム」としてとらえる環境科学

求める人物像

環境システム学科では、学科の教育目的に共感した、以下のような者の入学を期待します。

  • 1.高等学校等これまでの学習過程において、地球環境を構成する4圏(地圏・気圏・水圏・生物圏)について学習する科目である理科、情報処理に深く関連する科目である数学、国際的情報交換に欠かすことの出来ない外国語に関する高い能力・知識を有する者

  • 2.高等学校等における履修履歴にかかわらず、自然環境問題や環境保全に関心のある基礎学力の高い者

入学までに身に付けてほしい知識・能力等

あらかじめ当該教科に係る科目をよく勉強して、入学までに以下のような知識・能力等を身に付けておくことを望みます。

  • 1.理科

    自然環境についての理解を深めるため、理科の基礎知識

  • 2.数学

    数学的素養に基づいた教育を行うため、数学の基礎知識

  • 3.外国語

    海外でのフィールドワークや短期留学制度があるため、また英語の文献・資料を読み理解する力が求められているため、語学力の基礎知識

注)
以上は、環境システム学科で教育を受けるにあたってあらかじめ身に付けておいてほしい主な知識・能力等を列挙したもので、出願資格・条件とは関係ありません。